一太郎の磯釣り日記

伊豆半島/七島をホームグランドに磯釣りをやってます、是非とも情報交換しましょう!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠征!!北海道 知床半島のカラフトマス釣り その2

4:30 A級ポイント「ペキンの鼻」に到着

各自、思い思いの場所へ ルアー、フライで。。

2012.8_24-26_知床 052

メインポイントは
山からの淡水が流れ込む小川を挟んで崖下から広がった小さな玉石のゴロタが釣り場

あらら、ちょっとまて これって? 
良く考えるとオイラの良く知ってるゴロタ場と
似ているというかゴロタ場そのものだぞ。。。

まさにこのステージはいつもの磯釣りだぞ!!
よってポイントに違和感なく溶け込み ここでやる気さらにアップ!!

大きな河口のもっと川釣りに近い、違う感じをイメージしてました。

2012.8_24-26_知床 057

遠浅の海草だらけの海だな......
10mほど岸から離れたベストポジションと思われる、大きめの岩に乗ってキャスト
本当に釣れるかな? あのカラフトマスが......まだここでも半信半疑。。。。

記念すべき一匹目はさっそくの二投目でした。
従兄弟にチョイスしてもらった、15gの銀のスプーンをえーぃい!!
ルアー着水後 軽く巻くと直ぐに「ぐっっぐ...ぐぅぐうう」
竿が絞り込まれる!! 「やっやったー ヒット!!」
至福の時、やり取りを十分に楽しみ慎重に寄せて。。。

やったとったぞ!!本当にいたんだ 感激です!!

感動の1匹 まだ、セッパリと呼ばれ背が張り出してない
60cm弱のオスのカラフトマスでした。。

2012.8_24-26_知床 056

この後は数回のアタリもありはしたが、イマイチ

ちびっ子も一生懸命、お父さんと頑張るが......

2012.8_24-26_知床 064

周囲もパッとせず.....ガイドからの助言で
200mほど横に場所を移動 こちらはゴロタというより
ワンドの中がポイント ウエダーで腰まで入って適当な岩に乗ってキャスト。

直ぐにアタリが!!
やりました!カラフトマスはやはりこのセッパリ形ですね。
なんで、こんな形になるんだろう? 綺麗だなー 
今回は見送りましたが いつか、この魚の剥製は欲しいですね。

2012.8_24-26_知床 077

ちびっ子にも大望のアタリが。。。。。!
良い引きですよ....これは!
頑張れ頑張れ!!

2012.8_24-26_知床 098


最後まで1人で自力で やりましたよ!
よし 良くやった!!


2012.8_24-26_知床 110


従兄弟も着実に。。。
この度の名ガイド、青木さんとのスナップ。

2012.8_24-26_知床 102

その後も入れ食いとはいかないがちょうど良い加減にヒットし続け
みんな大満足 いやいやもう十分です。。。

3人で1匹だけ食べれるサイズをキープしあとはリリース
でも、なぜか釣れたのはオスばかり、欲しかったメスのイクラを
持ったカラフトマスは釣果ゼロでした。。。

11時終了でーす。

2012.8_24-26_知床 070

鹿の親子。。
ここはヒグマの巣窟と聞いておりましたが、1匹小熊を見ただけ、
キタキツネはたくさん、釣った魚を狙って近くまで来てました。
知床の大自然を満悦。。

この日も温泉に入り、美味しい夕食で酒飲んでぐっすり、なんだか長い一日に感じました。。



26日 最終日

有志は早朝、近場で数時間の最終釣行へ
オイラは昨日で完全燃焼し部屋で待機

今回のメンバー全員で記念写真
みんな良い顔してますよね。

2012.8_24-26_知床 139

なんだか帰るのやだなー 

帰りの車窓から海を見てると、少し感傷的に。。

ここで、ふと昔を想いだす。。
昭和の名曲 森繁久弥の「知床旅情」
20代前半ほぼ毎日、酒飲みに連れてってくれた会社の上司が必ずカラオケで唄ってたな。。
おかげで3番までしっかり覚えてる。。

「知床の岬に はまなすの咲くころ思い出して おくれ.....」おもわず鼻歌。。。。


でも来てよかった! 知床半島の大自然に感謝です!!

また、必ずきますね。


さて、次回の釣行ですが、暑い暑い猛暑の伊豆の磯に戻りますよー
台風の影響、大丈夫かな.....

では!!!
































スポンサーサイト

遠征!!北海道 知床半島のカラフトマス釣り その1

こんにちわ、一太郎です。

日々のこの猛暑、秋にはまだまだ遠い感じがしますね。
予報でも9月上旬まではこんな暑さが続くようで....

そんな中、避暑 涼しく快適な 知床半島へ2泊で釣りに行って来ましたー!!

経緯としては....

今年はまだ見ぬ全国の釣り場、いずれかに
6月、7月のどこかで遠征釣行に行きたいと、年初から考えてました。

いろいろと調べて、希望第一候補は7月の小笠原でのイシガキダイ
しかし、早々に日程調整がつかず諦めです。。

他では大分や高知県の有名な釣り場へ行って見たかったんですが
ここは冬場でメジナで行きたいな、男女、五島はもう少し後で.....屋久島は?
などなどで楽しく悩んでいたんです。。。

最終的に6月の佐渡島の黒鯛か青ヶ島のイシガキダイで決めかねていると。。。

そんな折、ルアーやってる従兄弟から
「知床にカラフトマスやりに行くけど一緒に行かない?」
との連絡が。。。

前から行って見たかった世界遺産 知床半島、いつかはやって見たかった
カラフトマス いつもの磯釣りスタイルとは違えど それもいいなー!!
しばし考え 決めました   いざ!知床へ。。。


初日 24日 14時 中標津空港 着
飛行機 降りると20℃くらいやはり涼しい、ぜんぜん違いますね。

今回のツアーメンバーは総勢12名
オイラは従兄弟、従兄弟の小学生のちびっ子の3人で参加

皆さん、フライ、ルアーの方々。
どうやら磯釣りからのエントリーはオイラだけだな。。

レンタカーで分乗し一路 羅臼へ

道中、車窓からの北海道の広々とした草原、山々の景色を満悦しつつ
進むと、海だ!!

2012.8_24-26_知床 011


早速、目に入ったのは実物は生まれて初めて見る国後島です。
「こんなに近いのか!!」驚きでした。

所々、釣り場 ポイントを見学しながら
16時 宿に到着

2012.8_24-26_知床 024

到着後、身支度し軽く近場で挨拶代わりの釣りへ。。

2012.8_24-26_知床 026

オイラは浮かれ気分で羽田からじゃんじゃん酒飲んでいるので
この日は引き続き飲みながら見学、応援団に。。

2012.8_24-26_知床 022

河口に流れ込む小川でルアーで釣れた
オショロコマ

聞いたことはありましたが本物は初めてみます。
岩魚の一種ですか、、、綺麗な魚ですねー

2012.8_24-26_知床 027

18時 宿に戻り近くの温泉へ
夕食の写真です、一見、質素、シンプルに見えますが内容十分
地元の素材重視の酒飲みにはたまらない品々が並んでますよ。。。

「こりゃあ、辛口の日本酒だな 間違えない!!」

しかし  
明日の起床は2時 この日は早々に寝ました。



二日目 25日 

いよいよ本番です、嬉しくて目覚ましなくともきっちり
目が覚めました。。
やはり朝はかなり寒いですね。

本日は相泊漁港から渡船で約20分 知床半島 先端に近い
「ペキンの鼻」というポイントへ
このジャンルの釣りでは凄く有名なポイントみたいですね。
渡し船のタイプは伊豆で言うと下流と同じだな。。

このカラフトマス釣り、釣り期が凄く短く1ヶ月弱との事
釣り人も集中したくさんいますね。

まだ暗く、おまけに霧で視界は悪いが、なんとなく伝わってきますよ!
渡船には慣れてるオイラも今回は船に乗り込むと同時にドキドキです!!
どんな海、どんなとこなんだろ......

残念ながら朝は船中 景色はほとんど見えませんでした。
帰りに撮った写真より
↓↓↓

2012.8_24-26_知床 121

2012.8_24-26_知床 126

つづく














FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。