一太郎の磯釣り日記

伊豆半島/七島をホームグランドに磯釣りをやってます、是非とも情報交換しましょう!!

4月29日 2017モロコ釣り開幕戦 式根島(大崎ハナレ)の2日間

おはようございます 一太郎です。

5月! 大型連休ですね、でもオイラはカレンダー通りの出勤中です。

気温は順調に上昇し夏日なんて言葉も頻繁に耳にするようになりました。
Tシャツで昼間は快適 十分ですね。。

でも、なんだか海水温の上昇は遅れ気味のようですなぁ・・・・・

前回の釣行以降、もう1回フカセと思って、やる気満々スタンバイしてたんですがね~
数少ない凪と休みの歯車がかみ合いませんでした.....

こうなりゃ、適水温を待たずとも気持ち的にそろそろでしょう THEモロコ釣り。。
では、究極の磯釣り あの感動をもう1度 2017モロコシーズン開幕と行きますか!!

(*^_^*)

数えたら・・現時点 最後のモロコからの釣行数31回 期間18カ月が経過してます。
これを、まだまだ早く、少ないと見るべきか? 長いと見るべきか?
どうですかね~??

この間、モロコからのアプローチは2回、なすすべなく瞬殺でした.......
でも、約15回に1回はアタリはあるのかぁ・・・
だと、まずまずかなぁ・・・

釣行回数100回以上、期間10年以上
これ以上であれば、多く、長い、運がない・・・・・
これ以下であれば普通? こんな風に思ってます。。

今年は出るかなぁ~??

未来が分かるなら、この年末に行ってこのブログを読んで見たい気もしますが?
そんなの、ダメですね・・・・つまらんです・・・・・
まぁ、ベストを尽くして 前向きに道中を楽しみましょう!

(^O^)!

さてさて、今回の釣行は久々の遠征仲間と以前から計画してた式根島へ!です。
フカセ釣りの仲間は4人で28日、29日と竹芝経由で。
オイラは1日遅れ29日、30日と二日分 160キロのコマセ・エサと重装備を
持って下田からの渡船です。。


29日(土)6:00 

新島、地内島経由で仲間と合流の式根島 足付港へ

風はありますが、晴天の青い空が気持ち良いです。

大崎042901

「お久しぶりで~す!」

さぁ!2人、3人と二手に分かれて、モウヤ、大崎のハナレと・・・

行きましょう~

大崎042902

オイラは3人で大崎のハナレへ
風は西~南西、正面からですが、ギリギリなんとかなりそうです。

オイラは底物では初場所、往年のモロコ場ですね
航空写真のガイドには必ず「モロコ」と記載されてますが
先輩たちに聞くとかれこれ、20年位前 平成の前半あたりから
モロコは出てないようですね・・・・・

大崎042903

タイブサ方向のチャカ場で、フカセのTさんと並んで。。

初日は干物屋のアラ60Kをじっくりとコマセます。
でも、コマセ撒くスコップ忘れて、かなり苦戦........

大崎042904

名手Oさん反対側の大サラシで潮に乗せて。
一見、良さそうには見えるんですが・・・・・・
フカセ組かなり苦戦、付けエサがほとんど残って来てます.....
カゴに変えても反応ナシ......

モロコはいつも通りコンスタントにウツボが。

大崎042905

結局、フカセは小メジナ、イサキ数匹の貧果です....
オイラはウツボ10匹くらい釣りあげて、根掛り3回の結果です
明日に続くコマセ、付けエサと合わせて80キロ入れておきました。。

久々の再会のメンバー、この3人で一緒にやったのは、たしか5年くらい前の
八丈島 一の根 以来ですね、たくさん話せて楽しかったです。。

モウヤの仲間は40~48cm 尾長と
まずまずの釣果でしたよ、まぁ、誰かが釣れば良いでしょう。

さて、戻って温泉入って、酒飲みましょう!

30日(日)6:00

本日、AM仲間達は東海汽船で帰ります、一人で引き続き大崎のハナレへ

昨日より西が吹いてます、海はザワザワ、風を正面から受け続けたモロコ釣り2日間
いつも以上に疲労度大でしたね・・・

大崎042906

2日目のエサはサバに代わりメジカです。
冷凍保管なくても堅く身がしっかりしてるので、冷凍庫が借りれない渡船屋でも
常温放置で2日目の付けエサとして問題なしです。

AMが勝負でしょう。

コマセは完璧に解けてる、イワシ2体 素手で取っ手ジャンジャン撒きます。

ありゃ、なんだぁ? ウツボも最初の数投のみ、8時~10時の2時間
全くの反応ナシでした・・・・・
モロコ?居るのか? ここはプラス思考で。。

大崎042907

本日は一人磯、なんだか、一転 寂しいですね。
ウツボもなく暇なので1時間くらい、風避けて寝てました。。

う~ん.......
反応ナシ、20キロ用意した付けエサ 5分の1程度の消費になりそうです。
ハサミで切って足元に撒いていきます。

13時前にタイブサ方面から潮が当ててきました、良い感じです。
ウツボも少々、復活

ここで、たった1回の見せ場が到来しました!
グゥ、ぐぐぅっと竿が30cm入りました、なんだぁ!
剛竿がいっきに突き刺さりました~!! 来ったぁー!

竿受けから外して オリャァー!! 大合わせをくれます!

一旦は足元 右手の根に走った、モロコかぁ?!!
ありゃ、反転して沖へ! ドラッグ締めても全く止まらん・・・・!
やばぁ....こりゃ! ぜんぜん無理だ......
正面に廻られてアウト・・・・・ w(*゚o゚*)w

どデカイ、エイですよね?? エイでしょう・・・・・

この1発が全てとなりました、以後、ウツボもなく終了で~す。

大崎042908

久々の仲間達との再会もあり2日間 楽しかった。
風はありましたが、天気はよく。
まぁ、こんなもんでしょう!

昨日、神津で一本出たようですね、31.5キロですか!
凄いなぁ~

本年度の1本目ですね・・・・

これにて、名実ともにモロコ釣りシーズンインです。
半島もそろそろでしょうかね・・・

法事やら出張やらで次回は中旬くらいになりそうです
でも、凪次第ですが5月は仲間と日にちも決まり計4回予定してまーす。

では!

( ̄^ ̄)ゞ

4月5日 春磯のフカセ釣り その2 水温16.8℃ 地内島(カンノンズシロ)

こんばんわ! 一太郎です。

うららかな好季節、4月に入りました。

ここ数日は気温も上がって、ポカポカ陽気 
でも、寒暖の差が大きく まだ夜は寒い、夜桜で花見って感じじゃありませんなぁ........
やるなら、仕事サボって昼間から一杯がベストですね・・・
東京は早くも葉桜?終息ですか・・・
鎌倉は現在 3分~5分、程度これからですよー

(*^_^*)

気温は上がって来てますが、海はまだまだ冷たい所も?

日曜日から仲間達が八丈島に入ったんですが
そしたら、なんと、なんと 初日 水温12.8℃ 翌日13.2℃
まったく生体反応ナシ との事でした。 冷水塊ですか........
こっちとは全然、違い厳しいですね。

前回の釣りからちょうど一週間
モロコ釣りに比べてフカセ釣りは釣行後の疲労度がぜんぜん違います。
身体が楽ですね~ 蓮ちゃんもなんのそのです。

天気図も少しづつ改善されてきたような・・・
では、今週も同じ方面へ高級魚アジを探しに行ってみましょうか!

(^^)/(^^)/

4月5日(水)5:30 晴れ 南西の風 地内島

【シマアジを狙え!】

前回、今回と目的はシマアジです。
春先から初夏 式根島・新島方面 シマアジが廻る時があります。
昔、6月にオイラがここまでの釣人生で一度だけ遭遇した1.5キロ~3キロのシマアジの入食いは平床でした。
(別途、5月にナダラでもワンサイズ下の入食いはありました・・・・)

3年前はヤリナガネのワンドの夜釣りで知人が超入食い・・
2年前はハタカ、昨年は早島の裏側 ・・・・・
例年、釣れない年もあり予測不可、神出鬼没どこの磯かは全く分かりません。

今年はどうやら、地内島周りの磯だったようです(過去形)
でも、ポツリ、ポツリでフィーバーには遠く及ばず....
一時的な釣果で安定はしてないようですね、オイラは先週の大島では気配なし
では今回はカンノンに入ってみましょう!

ホームグランド東伊豆 八幡野の地磯にあるのはカンノンガ根
ここはカンノンズシロです・・・・
磯の名前は同じようなのが、たくさんあって、ややこしいですね。

地内島 カンノンズシロへ

地内島040501

ここは、横に長く 一見、釣り座は複数、迷う場所です。
でも、根の無い釣り易い昼間の場所はわずか3箇所?
朝一は正面に入りました。

このブログ書いてからは2回目の渡礁 前回はたしか早5年前?新島の渡船屋からの石鯛釣りでした。
以前は夜釣りで良く乗りました。

地内島040502

凪予報ですが、風は左正面からです、風速5mと言いながらも
正面からまともだと案外こたえますよ・・・・・
寒いです。

地内島040503

たしか ここ地内島、オイラが初めて来た頃はサルが居ました
今は動物は何もいないようです。
ここには住みたいと思いませんね、だったら、下田沖の神子元島の方が快適そうです・・・・

小メジナ、フグ、イズ小の入食いです。
遠投して沖の潮に乗せてイサキがポツポツ、口太46cmのみ、つまんないなぁ~

飽きてきて途中1時間強 寝てました・・・

地内島040504

午後から潮は下りがハッキリと流れ始めました。
13時 釣り座、チェンジです、大島方面の先端へ移動。

ここも手前はフグ、イズ小だらけ......
本島より沖の潮目に重い00ウキで遠投、仕掛けが馴染むとサイズアップのイサキは順調に拾えますね。
こんなんで、終了間際、ラインがバチバチ、、、と。。!

地内島040505

お待ちかね 遅ればせながら、シマアジです!
でも、小さいな~ 1キロないなぁ・・でもギリギリ、刺身にはなるサイズでしょう。
まぁ、本命ゲットうれしいです。

なんと、蓮ちゃんで!群れが入ったか!

でも、既に船は見えて式根方面から迎えに来てます......
磯釣りっていつもこんなんですよね・・・・朝からやってるのに、なんで今ですか??

半べそで後かたずけ......
終了でーす!

本日の釣果

イサキ38cmまで 15匹
メジナ(口太)46cm
シマアジ 1キロ弱 2匹
エサ取り:小メジナ、イズ、フグ たくさん

地内島040506

帰りに船長にお願いして、地内島 表側の未知の磯を見させてもらいました
現在、ほととんど使ってないでしょう。
オイラは乗ってる人は今まで一度も見たことないです。
一度、やってみたいです・・・
シタンバシラ、下和田 雰囲気 良さそうでしたよ。

地内島040507


次週は前半はNGですね、木、金曜日あたりからですか・・・・
そろそろ、モロコ始動ですかね。。

では!

( ̄^ ̄)ゞ


3月29日 春磯のフカセ釣り 水温15.6℃ 地内島(大島)

こんにちわ! 一太郎です。

本日は良く晴れた暖かく気持ち良い天気です、これで桜の進行も早まりますね・・・
東京では今週末あたりが見頃のようですか。

まだまだ、寒い日も混じりながらですが、季節は順調に進行中 明らかな春に突入して来てます。

前回の夜釣りからあっと言う間に、一カ月半も経過......
近況、もろもろ有り、バタバタしてました......
でも、週間天気図、渡船屋の釣果情報チェックの日課は欠かしてませんでしたよ~
磯への募る思いはそろそろ限界ですなぁ・・・・・

29日天気図はOK では、万障繰り合わせ、春の磯へ向かいましょう!

この3月、メジナは悪天候も多く、思うようには行けてないようですが
半島、七島、地磯、沖磯共にまずまずの釣果ですかね。。

中でもオイラの周りでは東伊豆地磯組が好調で良く釣ってきますよ
上手な人は40オーバー 5枚以上なんてのもアリです。。

こんなの聞いてると、地磯とも思いましたが
久々の釣りです、より、潮の変化を楽しめる島へ向かいましょうか。

神津か迷いましたが新島方面、いつもの渡船屋に電話したら人数集まり出船のよう
シマアジも廻ってるようなので、行ってみますか!

(*^▽^*)!

29日(水)5:30 晴れ 鵜渡根 冲

前日AM、発達しながら三陸沖を北東方面に抜けていった低気圧の東ウネリの影響が残ってます。
それも、想定以上にウネリ デカいです......

おまけに昨日、午後からは西風が......
こりゃ、悪いパターンだなぁ...東側の磯も西側の磯も共に厳しそうです.......

いろいろと、見て回ると、新島 主要箇所はほぼ全滅......
地内島、大島の本島向きだけはなんとかなりそうです。。

では、ここで降りましょう、バッタリ会った常連のIさんと一緒に渡礁。。

地内島1703301

朝一、上り潮、海の荒れ具合と雰囲気あります、本日、釣れるならここでしたね・・・
小メジナ 大きくて35cm ぽつりぽつりと35cmイサキ2匹・・・・

何かありそうで、何もない、時間が過ぎていきます。
シマアジを期待した太めのタックルが泣いてます.....

地内島1703302

「Iさん、パッとしませんね~」

この日は昔からの顔見知りのIさんと、こうやって同磯となり
ゆっくり話すのは初めて、1日いろいろな話題で話ができて良かったです。
電話番号、メールアドレスも交換し今後の約束もしてきました。

地内島1703305

多少、潮も下げてウネリも収まり、表側も、一周回って竿を出しましたが
同じく小メジナのみです。

14:30 終了でーす!

噂のシマアジは影も形もなく
お恥ずかしい、寂しい釣果となりました......
(尾長メジナ38cm イサキ35cm 2匹)

地内島1703303

この時期の地内島いい時もあるんですがね~

この日、シマアジが釣れる本名磯へは渡礁はウネリでNGでしたが
しっかり、その直ぐ沖には船釣りが3船、頑張ってました。
情報は早いもんです。
こうなると、磯からは厳しいかも・・・・・・?

地内島1703304

ここで、問題が.......

実は前日、実家に泊まった際に、ご近所、親戚と飲んだ席で・・・
「明日はたくさん魚持ってくるから・・肴にまた飲むぞ!美味い酒、用意しとけ!!」
と酔っぱらってデカい事言ってきました。

ヤバいです、これじゃ、恥ずかしくて帰れません。
「急遽、仕事ができた!」って言って素通りか??
下田のスーパーで魚、買ってこうか真剣に迷ってた所・・・・

知り合いの船釣り師のクーラーボックスを開けて羨ましそう、欲しそうに
じっくり、必要以上に長時間、見てると・・・・・・

どうやら、相手に気持ちが伝わったようです。
「一太郎さん、魚持ってていいよ。。」
ありがたやー!では、遠慮なく....真鯛、カサゴ、イサキ・・・・・ゲットです (*^^)v

これで、大手を振って帰れます
ちょっと、違う気もしますが、これも釣技のうち!?
まぁ、クーラー 一杯は事実、結果OKでしょう。

すいませんでした、いつの日かモロコでお返します。。

(*^▽^*)

さぁーてと、ここからは釣行ペースを上げて行きたいでね
モロコは水温、安定の16℃以上からやるつもり、それまでは、ウキ釣りかなぁ~
石鯛もやりたいなぁ~
ゼニスも解禁ですね、タイミング合えばモロコで・・・

でも、次回 もう1度 こっち方面 リベンジか?
次週、4日、5日あたりは週間天気図だと良さそうですね・・・・・

なんだか、春の進行と共に 悩み多く、忙しくなってきました。

では!


( ̄^ ̄)ゞ


2月15日 春寒し 水温14.3℃ 式根島(アカネ)のフカセ夜釣り 【夜の部】

16:00

夜の部の為 場所替えです。

さて、どこえ? この水温イサキは厳しそうだぁ~
尾長はどうかなぁ?
今回、旬の寒メジナには予約が複数入ってます
なんとか、持ち帰らねば・・・

既に他メンバーは夜の場所へ移動済み 空いてる場所を確認し。
候補地はボンボン、サイマ根の裏、アカネ、イケバノ大根、新八
などなど・・・・

しっかりと寝床が取れる、足場が良い、潮の流れの影響が少ない
コマセが溜まる・・・そして、何よりも釣れる磯は?

「よし! 船長、アカネお願いしまーす!」
「アカネ」昼間の釣りだけの方には馴染みのない磯でしょう。

冲側にサエモン、モウヤと有名磯がありますので
今日 わざわざ、ここに昼間渡ってる人はまず、見たことありません。
昔、釣り人の多い時代は混んでる時には見ましたが。

でも、ここは式根島の夜の部では実績大のA級磯
常連の夜釣り師にはファンが多い磯です。

アカネから見た、中赤根 モウヤ サエモン
↓↓↓

式根島20172161

荷物を上段に運び準備です。
釣り座は悪くもなく、良くもなく 一人のポイントですね。
二人で夜釣りでは厳しいでしょう。

釣り座にアミ12キロ+配合1袋 付けエサのオキアミをセット

式根島20172163

これからの夜 気温3℃の風の吹く海の上の磯、半端なく寒いです。
防寒対策も昼間の内容では通用しません
通常より厚着の下には貼るカイロ、10個を身体中に貼り付けてます。

あと、オイラ中では激寒期の渡船夜釣りは欠かせないのがたき火。
アウトドアで暖を取るにはなによりでしょう。
これには、マキが必要です。
現在、昔の入手ルートは全てクローズとなっており
伊豆の釣り仲間 釣り馬鹿さんに相談したところ しっかり梱包までして、完璧に揃えて頂きました。

大変ありがとうございました、おかげ様で快適な夜釣りとなりました。
m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m

明るいうちにマキもセット

式根島20172162

17時30分 夜釣りスタート!

まだ、エサ取りが多いです、でも、こんなんでも、魚が居たので少し安心しました。
日没寸前、一発目の口太42cmが来ました、キープです。
その後もウキは入りますが、食いが浅いのかかなり送り込んでも針掛りしません。

そんなんで、完全に暗くなると、あらっららら、これか......
早くもハタンポの入食いとなりました。
食べると美味しいと聞いた事ありますが、いらないです。

式根島20172164

式根島 夜釣りではサバ、ハタンポの入食い、この2つが障害となります。
こりゃ、釣りにならんぞ.....参ったな...
それでも、なんとか、居付きの体高のある黒いイサキ40ちょっと1枚ゲットです。
暫らく粘るも、オキアミ 瞬殺です。
22時 一旦、ギブアップ! こりゃ、休憩だなぁ・・・・・

焚き火じゃ、たき火じゃ 暖まろう。。

式根島20172165

スキットルに いつもより、ちょっとリッチにマッカランの18年入れて
持ってきました、つまみは自家製のビーフジャーキーです。

冬の磯上、この澄んだ空気、この満天の星空の元 たき火を前に美味いウイスキー
癒されます、日常を忘れて最高の空間ですね、寒いけど来て良かったー!

1時間ほど飲みましたか、ウイスキーが空になる頃、炎を見てたら、なんだか眠くなってきました。
「良し、釣りは朝マズメに賭けましょう・・・・」

エアーマット敷いて毛布だして、たき火の前に寝床を作りました。
なんとか寒さも大丈夫そうです。
まぁ、寒いけど、蚊がいなくていいや・・・・

おやすみなさーい。(∪。∪)。。。zzzZZ

16日 3:00 起床

寒さで目が覚めました、メチャクチャ寒いです。
焚き火も消えかかってます。

でも、正味3時間強 案外良く寝れました、スッキリ・・
よし、朝マズメ、あと3時間 気合入れて 夜明けまでやるか!!

コマセじゃんじゃん、足元に入れます。
どうやら、ハタンポはさっきよりは居なくなってるようです。
ポツポツ、付けエサが戻ってきます。

約1時間後、潮が止まりました、ウキ止めを外して、ウキをフリーに
へチにエサを這わせて落としていくと、竿1本半位で「ガッツン!」
「きった~!!」v(=∩_∩=)

結構、やり取りを楽しみ、捕ったのは本日最大46.5cmの尾長でした。
とりあえず、一安心・・・・
どうやら、この日は活性低く、へチの底の方で喰わす、この釣り方のみが有効だったようです。
朝陽が上る、寸前、朝のゴールデンタイムには小さいのもたくさん混じりましたが尾長が入食いになりました。

6:00 終了でーす!

式根島20172166

いやぁ~ 釣れて良かった! 寒いながら楽しい一夜でした。\(^▽^)/

本日の釣果(夜の部)

口太 42cm 尾長40~46.5cm7枚 
居付きの黒いイサキ40ちょっと 1枚 
以下リリース10枚くらい

RIMG0695.jpg

夜釣りの釣果としては、大した事ありませんが
なんと、今回、他磯は完全なボーズがほとんど....オイラがこの内容で竿頭でした。
そう見るとまずまずでしょうか。

また、もう少し後の春の乗っ込み時には来たいですね。

戻って来て釣果情報見ると、半島は15℃以上
こっちの方が水温高いですね。
モロコ行けるかもなぁ・・・・

まぁ、暫らくこのままメジナやろうかなぁ~ とも思ってますが
水温次第ですね。。

では!

( ̄^ ̄)ゞ

2月15日 春寒し 水温14.3℃ 式根島(ハタカ根)の石鯛釣り 【昼の部】

こんばんわ! 一太郎です。

まだまだ、ぜんぜん寒いですが春の気配はそろそろ?

テレビニュースの情報ではいろいろと聞こえてきますが
なかなか、身近な都会の日常の中では季節の敏感な変化は見えませんな.....

オイラは例年、東伊豆 河津桜の満開を合言葉に春の到来と感じてます。
今回、釣りの道中 見てきました! 綺麗でしたよ!
ほぼ、満開だったかなぁ~ これにて春開始です!

「河津川の河口 ローソンに車停めて1枚」

(*^。^*)

写真322017215


15日~16日は久々のGOOD 天気図、凪そうだなぁ。

海の様子を聞くのでいつもの渡船屋に
電話したらメンバー揃って夜釣りで出るとの事。

「うひゃー マジかよ、この寒さで夜釣りかぁ、好きな人は居るもんだなぁ・・・・・」

電話を切って10分弱 オイラは真剣に迷い、そして考えました。

仕事はなんとか休めそうだし・・・
ここ暫らく、モロコ、もろこ、もろこ、モロコ・・・とワンパターン
他の釣りが見えなくなってましたので、久々にやるか!激寒 真冬夜釣りのフカセ!

もう20年近く前かなぁ・・・・、
昼間の釣果5回分以上を軽く一度でゲットできる驚きの成果に魅せられて
大島、新島、地内島、式根島と2年間くらい春夏秋冬とオールシーズン 夜釣りオンリーでした。
その時、以来ですね真冬の渡船での夜釣りは。。

防寒対策万全に 準備じゃー!! 

磯バック2個 ロッドケースと ひっくり返してモロコの道具と入れ替えです。
なんか、出船時間がかなり早いので、10時には着くな、夕方まで これまた久々の石鯛やろう。
なんだか、楽しいなぁ~ (*^▽^*)

忘れ物ないように・・・

15日(水)8:00下田港 出船

それにしても、冬の夜釣りとは・・・
この寒いのに、かなり好きな人たち、何者? 

やっぱ、このグループかぁ・・・・
古くからの本渡船屋の常連の先輩方 夜釣り専門のメンバーです。
「ちわーす、ご無沙汰してます! 本日はご一緒させて頂きまーす!」

写真522017215

15日(水)10時 式根島着

さて、ここから約21時間の釣り三昧です。。

しかし....水温見ると14℃ちょっとしか......
なんと、1週間で4℃近く下がってますよ、急下降過ぎるよなぁ....
こりゃ、昼、夜 厳しい釣りは覚悟です。

ぐるっと1周見て回りますが
数日間 吹き荒れた西風の影響は大きく、多少のナライっ気では
おさまりません..... 裏側の磯はほぼ全部NGです。

船長と相談しハタカ根三宅向かいへ! 
さて、夕方まで石鯛やりまーす、石鯛3年ぶり?かなぁ・・・・
ワクワクします。

写真122017215

風は南から、天気も良く寒くはないです。

今回、エサは鬼だけ持って来ました、20個ちょっと
高水温時 エサ取りが多いと2時間分ですが......

写真222017215jpg2

潮はゆっくりと左から上りが
一気に落ちた水温14.3℃ 石鯛釣りかなり厳しいです
ヤドカリは柔らかいとこだけ、突かれて後はまったくの無反応、ワサの気配も
ありません......

それでも、久々の石鯛釣りで天気よくノーんびり・・・・・
(θ。θ) 夜に備えて 半分、昼寝しながら。。

写真422017215

結局、15時まで約5時間の釣り、無理すればヤドカリ1個で済んだかもしれません
まったく、何の気配もありませんでした。

また、この日は船釣りも全然ダメだったようです........
こりゃ、夜磯はさらに厳しいかも・・・・( 」´O`)」

夜の部へ場所替え 移動です。

つづく


( ̄^ ̄)ゞ


前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ